店舗から信頼される存在として、その運営を支え、事業部全体の成長へ。 2008年入社
運営担当(コレクターズ事業部)黒坂 浩一

INTERVIEW LIST

<--
  • 販売スタッフ、店長、商品担当という多様な経験が糧に

    入社後8年間で、販売スタッフ、店長、本部の商品担当を経験。今振り返ると、店舗での仕事は、自分たちが取り組んだ結果が日々見えることに手応えを感じていました。店長になった当初は何もかも自分でやろうとしてしまい、うまく回らず悩んだこともありましたが「販売スタッフ全員の力を集め、全体を見据えて店舗を運営していく」ことが店長の仕事なのだと気づいてからは見方ややり方が変わりました。販売スタッフのモチベーションをいかに上げていくか、できる限りのことに取り組むようになったのです。店舗を知り、店長そして商品担当を経験できたことは、今、運営担当の仕事を遂行する上で大きな糧になっています。

  • 全店舗の運営を支え、売上拡大に貢献

    運営担当の仕事は、COLLECTORS全店舗の運営に関わります。各店の営業計画やキャンペーン企画のすり合わせと全体調整、より良い店舗運営の実現に向けた店長指導や環境づくり、スタッフの研修、レイアウト改修、店舗からの様々な相談対応、さらに本部やディベロッパーとの橋渡しまで多岐にわたります。つまり、商品に関する仕事以外すべて。地道ではありますが、一つ一つの積み重ねが各店舗のポテンシャルの向上に繋がっていきます。また、運営担当がいなければ各店舗の運営が滞ってしまうという自負もあります。商品担当や販促担当と連携しつつ、異なるアプローチで、COLLECTORS全体の売上拡大に貢献できる。それが運営担当の醍醐味です。

  • よりお客様に共感され、支持される店舗づくりを

    変化のスピードが早く、お客様がスタッフと同じくらい商品知識や情報を手に入れられる時代、COLLECTORS が成長していくには何が必要か。それは「この店は何を表現しているのか」をしっかりお客様に伝えていくこと、そして“共感”を得て、お客様に支持される店舗にしていくことだと思います。そのために運営担当としては「お客様が何を求め、どう感じているのか」、価値ある情報を店舗から吸い上げる仕組みをつくることが重要だと考えています。お客様が求めているものについて「COLLECTORSのフィルターを通すと、アンサーはこれです」と、そんな表現ができる店舗づくりを支え、これからの成長を支える一翼となりたいですね。

MESSAGE

運営担当は、事業部全体を俯瞰しながら、各店舗の運営をサポートします。全体の計画・予算などを見て冷静かつ整然とマルチタスクをこなしていくことが必要である一方、人とのコミュニケーションを円滑にして店舗に寄り添っていくことも必要です。どちらのタイプにも向いていると思いますよ。

ONE DAY SCHEDULE

1日のスケジュール

  • 9:45

    出社。全店舗の月初から前日までの売上実績を確認

  • 10:00

    商品担当や販促担当と連携しながら、全店舗で展開するキャンペーン企画を立案

  • 11:00

    運営状況について店舗へヒアリング。課題を抽出し、対策を練る

  • 12:30

    昼食。その日の気分で、外食か弁当かを選ぶ

  • 13:30

    店舗の人材育成に関する資料づくりを行う

  • 15:00

    店舗からの相談に対応。運営に関してアドバイスを行う

  • 17:00

    全店舗で展開する施策についてのプレゼン資料を作成

  • 18:15

    退社

MY CAREER

キャリア

  • 2008

    COLLECTORS池袋店
    販売スタッフ

  • 2012

    コレクターズ事業部
    商品担当

  • 2014

    COLLECTORS横浜ららぽーと店
    店長

  • 2016

    コレクターズ事業部
    運営担当

販売促進担当(新規事業企画室)

NEXT