接客販売から発注業務、ディスプレイまで、店舗業務のすべてに取り組み成長中。 2017年入社
販売スタッフ(COLLECTORS)山田 翔太

INTERVIEW LIST

<--
  • うれしいのは、お客様が喜ぶお買い物のお手伝いができた時

    販売スタッフの役割は、お客様が喜ぶお買い物のお手伝いをすることだと思っています。例えば、以前ネットで見た商品を探しにきたお客様から、お目当ての商品を手に取りつつ「他におすすめはありますか?」と聞かれたので、私は、機能的には近いもので、デザインはそのお客さまにより似合うと思う商品を提案しました。すると、お客様は私がおすすめした商品のほうを気に入って、お買い上げくださいました。一人ひとりのお客様に合った商品提案や、見た目だけではわからない商品に対する丁寧な説明、情報の提供を通して、お客様により満足度の高いお買い物をしていただく。それが達成できたと思えた時、とても嬉しく、仕事のやりがいを感じます。

  • 商品カテゴリーを任され、その売上に責任をもつ

    2年目から、レイングッズ・アクセサリー・雑貨の3つのカテゴリーを担当。各カテゴリーの目標予算を達成できるよう「発注→売場づくり→売上確認・分析→発注の見直し」を繰り返し行っています。心がけているのは、良く売れているものは何か、動きが鈍い商品はどれか、売上データをしっかり見て発注することです。最初は数字を見ても、売れ筋の見極めや的確な発注の感覚がつかめず、在庫不足になるなど失敗もしましたが、経験を積むうちに発注の精度がアップ。レイングッズに関しては、半年間の実績で前年度比130%を達成しました。任されたカテゴリーに責任をもつ。そこには大変さもありますが、やったことが結果として見える手応えがあって楽しいですね。

  • 店舗で一歩一歩、力を蓄えていきたい

    人通りが多い通路に位置する吉祥寺店は、一日の客数が多く、男性・女性の比率は半々。また、スペースに対して商品アイテム・数量ともに多いのが特徴です。店内が雑然にならないよう、什器に商品を詰め込み過ぎないようにしたり、客数や売上データを分析しながら商品の展開量を調整したりと、商品の見せ方には工夫をしています。通路側では、アイキャッチになる商品を並べて目に入りやすいようにするなどしています。実はディスプレイは苦手分野で、店長のノウハウやレイアウト術を見て勉強中です。また、アイテム数がとても多く、お客様に喜ばれるような情報や商品知識がまだまだ足りないと感じています。店長や先輩に聞いたり自ら調べるなどして知識を増やし、店舗のこと・商品のことを学んで、しっかりとステップアップしていきたいと思っています。

MESSAGE

販売スタッフは、いろいろなモノ・コトに興味をもてることはもちろん、お客様の気持ちや求めるものを感じ取り、お客様の立場に立てることが大事。それができれば、いろいろなタイプの人が活躍できる仕事だと思います。ぜひチャレンジしてみてください!

ONE DAY SCHEDULE

1日のスケジュール

  • 9:45

    出社。掃除や用度品の確認等、開店準備

  • 10:00

    開店。ご来店されるお客様の様子を見ながらお声をかけ、接客を行う

  • 11:00

    接客の合間を縫って、入荷した商品の検品

  • 12:30

    昼食。休憩室で手作りの弁当を食べる

  • 13:00

    入荷した商品をディスプレイ

  • 15:00

    売上数字を確認・分析後、発注する商品と数量を決め、発注作業を行う

  • 17:00

    夕方は一番混む時間帯。スタッフ全員で力を合わせて接客を行う

  • 18:15

    退社

MY CAREER

キャリア

  • 2017

    COLLECTORS吉祥寺店
    販売スタッフ

店長(POKER FACE)

NEXT